ゴミ屋敷

手に負えなくなったゴミ屋敷を業者に頼む際に一番気になるのがやはり料金です。

ご依頼をいただくゴミ屋敷の主は初めての方がおおく「いったいいくらかかるの?」と悩んでしまい見積もりに来てもらったらその業者にガツガツと営業されて見積りの依頼が不安な方が多いです。

よくある例 「1R○○円~や2LDK○○円~」 曖昧な表現が多いです。

確かに最低いくらは料金が掛かるかをお客様に知ってもらうにはいいかもしれませんが、実際に見積もりにきてもらったらビックリする価格を提示されることも少なくないです。

同じ量でも値段が違う理由とは?

例1
斜めに積まれたゴミ

例2

圧縮されたゴミ

上記2点は一見どちらもただのゴミ屋敷ですが、作業時間は例2の方が断然かかるのです。

なぜかと言うと長年ゴミの上に住んでいる場合にはゴミが圧縮していてカチコチのごみを袋詰めする作業はとても手間のかかる作業になります。

それに比べ、例1のゴミは圧迫されていない分、例2ほどは手間がかかりません。

このように平均腰ぐらいの高さなどと言っても実際には作業人数や搬出車両、駐車場所、搬出経路など大量のゴミを片付ける場合には色々とチェックしてお見積を出しています。

当社ではゴミ屋敷の片付けの料金はトラック1台○○円などでしたら基本的にお引き受けすることが出来ますが、部屋も見ずに○○円なら出来ますなどと言う業者さんは要注意です。

当社では1R○○円~などという適当な表現をしない代わりに多数の事例を掲載しています。

当社では軽トラック1台19,800円の格安料金で片付け出来ますが、実際には この部屋丸ごとを片付けたら○○円ですと言う方法でご依頼される方が一番多いです。

 事例を見る!

安すぎる業者さんには要注意!?

数社から見積もりを取り1社だけが断トツに安い業者さんは回収したゴミの処分を家庭ゴミに出してしまったり、不法投棄している可能性もありますので注意が必要です。

過去には家庭のゴミを民間の業者が回収した物を一般の家庭ゴミの集積所に出して逮捕された業者さんも数多くいます。

料金ばかりに目をとられて安い業者さんに頼むと個人情報が漏れたり、集積所に捨てられたりして中身を見られたりとお客様ご自身も大変な事態になってしまいます。