スプレー缶やシンナー

12月16日の夜にスプレー缶の穴あけ作業後に溜まっていたガスが爆発して40人以上がケガをされた事故ですが、当社でも回収にお伺いした際にスプレー缶の穴あけ作業をされる方が結構多いんです!

大体の方は玄関先などの外で行っていますが、中にはお風呂場などで行ってる方もいます。

札幌 爆破事故

実際にここまでの事故は珍しいと思いますが、自治体の回収車なども火事になるようなことは全国で頻繁に起きています。

スプレー缶や灯油の処分などにお困りの際には事前にご相談下さい。

当社で許可が持っていない物でもご紹介など出来る場合があります。

スプレー缶やライターなどの危険物以外にも処分の厄介なペンキやシンナーなどもよくご相談されます。

札幌市のスプレー缶の捨て方

札幌市では2017年7月からはごみ捨てのルールで缶に穴をあけない方式に変更になりました。

※地域により捨て方がことなりますのでお住いの地域で確認してください。