10年以上使って効きの悪くなった埋め込み型の家庭用エアコンの工事をしてきました。

工事前

広いリビングで使用されていたエアコンでしたので大型の物でした。

まずは電源を落として二手に分かれての作業開始です。

下矢印

排管の取り外し

室外機の配管や電線などを外します。

下矢印

室内での作業

室内ではエアコンのパネルを取り外し2人掛かりで内機を外します。

下矢印

外した内機

外した内機を確認してそのままの配管で付くかを見極めます。

下矢印

配管作業

今回はそのままの配管は使用出来なかった為、新しい配管を引き直しました。

下矢印

外での配管作業

外での配管は依然からつけてあったダクトを使用して再度丁寧に位置を決めてきました。

下矢印

真空引き

新しい室外機を設置して、エアコン作業で絶対に必要な「真空引き」をしてから配管を繋げます。

下矢印

内機完了

最後に内機のパネルを設置して終了です。

この際に一般の家庭用エアコンとの違いは温度センサーなどの細かい調整が必要です。

今回はスタッフ2名で半日作業でした。

立川市での小さなエアコン工事あら大きな物までどんな物でもお任せください!