こちらはが聞いたお話をまとめた物です。(施行していません)

私と私の家族は数年前に、祖父母の家をリフォームすることにしました。

祖父母の家は、そこまで古い家ではなかったんですが、トイレが和式だったので、使いづらかったんですよね。 それと、足の悪い祖母が以前、トイレでケガをしそうになったこともあったんです。

補助金が出る!そのため、トイレと、一部の部屋をリフォームすることにしたんです。 そのとき、知ったことなんですが、トイレを和式から洋式にするとか、高齢者のための改修工事というものを行うとき、自治体から助成金が出ることがあるんですよね。

各自治体が決めた基準を満たさないと、助成金がもらえないみたいなんですが、我が家はもらえました。

具体的な金額は聞いてませんが、残ったリフォーム代金から言うと、30万円以上はもらえたんじゃないかって思いますね。

そのおかげで、本来支払わなきゃいけなかったリフォーム代金よりもお得にリフォームできて、祖父母の生活で心配な面が一つ減り、安心しましたね。

ちなみに、今でも祖父母はリフォームしたその家に住んでいるんですが、以前よりも暮らしやすくなったためか、遊びに行くと、元気な表情を見せてくれることが多くなりました。 「本当にリフォームして良かった」という風に、家族といつも話しているくらい、あの時、リフォームすることにして正解だったような気がしますね。