6畳のプレハブ

木に隠れて見えずらいですが、品川区でプレハブと裏庭にある物置(スチールと木製)2つ、合計3つの解体のご依頼がありました。

木製の物置

こちらが裏庭にある木製の物置です。

高さは高いところで2.5m以上で横幅は5mぐらい7mぐらいの物置です。

スチール物置

後一つがこちらのスチールの物置です。

一般家庭においてあるサイズではかなり大きめのサイズです。

まだまだ錆なども無かったのですが、家を解体するとのことでその周辺にある物の解体処分をご依頼をいただきました。

今回は大きなお宅でしたので裏庭からの距離がある為にスタッフは全部で5名!

2日間の日程をもらっていましたが、なるべく1日で終わらせるようにと通常より1名~2名多く作業しました。

スチール製解体中

まずはスチールの物置解体に2名と木製の物置解体に2名、搬出係が1名で作業。

木製の物置解体中

スチールの物置は通常通りでしたが、こちらの木製の物置は大工さんが作った物と思われますが、屋根や壁のベニヤ板に波板が釘で打ち付けられ剥がすのに時間が取られました。

1日目の午前中まで両方の物置の撤去が完了しているはずでしたが、実際にはスチールは完了して、木製は土台部分が残る状態で終了でした。

スチール終り

土台残り

1日目の午後の作業

土台撤去完了

午後は午前中に終わらなかった土台の撤去からですが、こちらも予想以上に頑丈で出来ていて時間がかかってしまい、搬出が終わったのが15時です。

別のスタッフは今日のボス、プレハブの解体にとりかかりました。

プレハブ内

品川区のプレハブ内はこんな感じで照明器具やエアコン、手洗い場は水道の元栓が外されている状態でした。

こちらのプレハブは屋根が特に頑丈なタイプの物で取り外してからも長い物で2tトラックにも載らないサイズでしたので専用工具で切断して載せました。

1日目の終り時

壁などもパネルの間にしっかりとしたスチールの仕切りがありそちらの解体が通常ならボルトを外せば取れる物ですが、錆びていた為に、時間がかかってしまい、17時になってしまったので本日の作業は終了です。

品川区の解体工事2日目

2日目も朝から作業させていただくことに。

昨日は5名でしたが、今日はそんなに必要ないので3名でお伺いしてお昼ぐらいには終わる予定です。

床の鉄骨

壁と床板の解体が終わると後は床のスチールの梁の撤去ですが、こちらも錆びていましたが順調に終了です。

プレハブ解体終了

最後はブロックですが、ブロックの下にさらにコンクリートの基礎がありそちらは品川区のお客様のご厚意で残しといていいとのことでしたので以上で解体終了です。

作業内容
作業時間 2日
人数 1日目5名・2日目3名
場所 東京都品川区
台数 2tトラック×2台
建物 1Fの庭

費用・・・263,000円(税込)

品川区でプレハブや物置の解体などありましたら快適空間が安く、早く行います!

お気軽にご相談ください。