①料理する前に、シンクに水をかける

後片付けを楽にするには、ボウルなどに水を入れて、シンクの内側に一周水をかけておきます。
こうすると、ステンレスのシンクは汚れが付きにくく、後片付け時にはスポンジで軽くなぞるたけで汚れが簡単に落とせます。

②レンジ周りは余熱のあるうちにひと拭き

レンジを使った後は、余熱があるうちに、水で湿らせたボロ布を割り箸で挟み、サッと拭いておきましょう。
煮物の吹きこぼれなどは、五徳を外さなくても、多少の汚れなら受け皿を拭くだけでキレイになります。
レンジが冷めてしまうと油汚れも固まり、洗剤やタワシなどの道具が必要になるので、面倒な掃除になってしまいます。

③重曹は1本で3つの効果
重曹は炭酸水素ナトリウムや重炭酸ソーダと言います。
日常の掃除や汚れ落とし、脱臭にも効果的。
油料理をしたあとに、排水口に重曹をふりかけて、熱いお湯をかけておくと、ニオイやヌメリを取ってくれます。
鍋の焦げ付きや茶渋取りにも有効です。

④ジッパー袋を活用
真っ白いフキンはキッチンに欠かせないアイテムです。
しかし、殺菌や漂白は意外と面倒でしょう。
簡単な漂白方法は、ジッパー袋を用意して、その中に規定通りに薄めた漂白液を作り、そこにフキンを入れて浸します。
ジッパーを閉じて2~3時間放置しておくと、ニオイが取れているので、水洗いすれば普通に使えます。