光触媒と言えば、安全で音も無く静か、維持費もかからない万能な製品ですが、実はデメリットもあるんです。

それはなんと言っても「光」です。

光触媒は光をエネルギーとして働きますのでこの光が無い場合にはまったく働かないんです。

ですので、天井裏やダクトの中、タンスの中、エアコンの中などに光触媒を撒いても何の効果もありません。

今までの光触媒は紫外線でしか反応しなかったのですが、当社が使用している物は家庭用の照明器具でも働きますが、あまりにも弱い光だと当社の製品でも効果はないです。

例えばカラオケボックスなどでは部屋を暗くして使用している方が多い場所などでは効果が期待出来ないことがあります。

このようなことが光触媒のデメリットとなります。