黒い服都会の片隅でも見かけるようになったスズメバチの群れ。

庭木の剪定をする方やガーデニングで草とりをしている女性が刺されてしまったり毎日の暮らしのなかでハチの襲撃にあってしまう方が増えています。

特に巣が大きくなりスズメバチも、攻撃的になりやすいのが、9月から10月にかけての秋の期間。

スズメバチの巣の近くを、うるさい声で騒いだり、大きな音をたてて作業をしていたりすると、危害を加えていなくても、突然刺されてしまうこともあるようです。

ハチは黒いものと動くものに過敏に反応をしてしまうため、屋外で作業をするときには、白っぽい、ハチを刺激しない服装を着るように心がけましょう。

また、暑いときには肌を露出してしまいがちですが、白っぽい長袖などを着ておくと、さらに体が守られて安心です。

軍手がある場合には手をガードしましょう。

巣を自宅の近くに作っている場合には、出入りのため飛んでいることがあります。

注意してみましょう。