鴻巣市の集合住宅1Fのお部屋の中に作られた防音室の解体をしてきました!

元々アップライトピアノとエレクトーンが入っていたのですが、引越しの際に不要になったとのことでピアノなどを移動した後に解体処分になりました。

大工さんが作ったタイプでしたので再度の組み立ては難しい物です。

まずは内壁を剥がし取ります。

中のボードを剥がすとこんな感じでベニヤ板が出てきますが、防音室はこっからが大変です。

一枚壁を剥がしてもまだあります。

この中にも防音効果を高める為に一般建築では使われない素材が使われています。

天井や壁などを一気に解体していきます!

ここまで来れば後は床面の解体です。

鴻巣市のこちらの住宅は1Fでしたが床から音が響かないように防音材が使われていました。

床材を撤去して防音室の解体は終わりです。

残るは床の掃除と鴻巣市のお客様より事前に言われていたコンセントの原状回復です。

壁から配線が取られていました。

天井部分も取り外しされています。

こちらも断線していました。

鴻巣市のご自宅は賃貸だったお部屋ですので原状回復が必須です。

お客様が防音室を建てる時に取って置いたコンセントカバーがありましたのでこちらを使い作業いたしました。

こんな感じでで全て完了です!

作業内容
作業時間 6時間
人数 3名
場所 埼玉県鴻巣市
台数 2t2台
建物 集合住宅1F

費用・・・激安価格!

鴻巣市以外でも防音室の解体なら格安の快適空間へご相談下さい!またわからないことや不安なことなどありましたらお気軽にご相談下さい。

防音室解体プラン