世田谷区の防音室

今回は世田谷区のマンション内に造られた防音室の解体処分をしてきました!

室内

大きさは約4畳で室内に梁(ハリ)がある為にユニットタイプは使用できず、有名な方に作ってもらったとのことでした。

お見積もりの際に壁を壊してみさせていただきました。

コンサートホールなどを作った方だと言うことでしたが、通常と違い石膏ボードの量が2倍・・・

防音室の場合には石膏ボードが大量に出てくるのですが、その量が2倍だとかなりの量になります。

内壁の解体

内壁から解体していきますが、やはり石膏ボードに苦戦

ここまでで朝から初めてお昼ぐらいまでかかりました。

下矢印

天井部分

その次は天井部分を解体です。

今回の世田谷区では元々の壁に設置してあるコンセントなどを延長して使用されていた為に、電気工事なども同時に行いました。

工事内容としては照明器具の取り外し、スイッチの切断やコンセントを元に復旧する作業も含まれております。

下矢印

床

壁と天井を取り外したらあとは床です。

事前にゴムが使われていると聞いてましたが実際にゴムの量もかなり多く使われていました。

下矢印

解体終了

解体撤去完了です!

作業内容
作業時間 1日
人数 4人
場所 東京都世田谷区
台数 2tトラック・軽トラック
建物 マンション1F

その他にエアコンの撤去・不用品の回収などを同時にご依頼いただきました。

防音室解体プラン