トイレトイレ掃除には洗剤は使わなくても良いのです。

トイレは、黄ばみやこびり付いた汚れ、嫌なニオイというイメージがありますよね。
でも、こまめに掃除していれば、そのような状態は防げるものです。
毎日、朝でも夜でも一回、使用後はトイレブラシで便器をゴシゴシ擦ります。
水で濡らしてしまったら、その場で拭いて、あとは流すだけ。
家族のいる人は「汚したら、その場で擦って拭く」という意識を皆に徹底させましょう。
これだけの事で、トイレの黒ずみや水アカ、しつこい汚れやニオイがつくのを防げます。

また、汚れたトイレに消臭剤や芳香剤を置くのは効果的ではないのです。
何日もお風呂に入らない汚れた身体に香水をつけた場合を考えれば分かるでしょう…。
トイレがキレイなら、芳香剤などを使わなくてもニオイは住み着かないものです。

もし、トイレにしつこい汚れが付着していれば、粗塩をふりかけて、小さく切ったタオルでゴシゴシ擦って汚れを取り除きましょう。

たった一回だけ、洗剤を使わずに勇気を出して拭き取りしてみると、本当のスッキリ感を得られるでしょう。

一度、自分でスッキリと拭き取ってみれば、「キレイに使おう」という家族皆の意識が生まれてくるのです。