冷蔵庫を掃除しようと決めたら、最初にクーラーボックスや発泡スチロールの箱を用意して、その中に食料品を移します。
そして、コンセントを抜きますが、この手間を惜しまなければ 、電気代も掃除時間も節約できますよ。

次に、浴室に大き目の段ボール箱を置いてゴミ袋を広げ、その中に台所用中性洗剤を薄めた浸け置き液を作ります。
そこへ、野菜ケースや仕切り板などの外せる物を浸け置きします。

浸け置きの間に、冷蔵庫内を熱いお湯で絞った雑巾でサッと拭きます。
汚れが少なければ、重曹を溶かした液に浸した雑巾でキレイにしてあげます。
汚れがひどい場合は台所用中性洗剤で拭き、そのあとは水拭きして消毒用アルコールで仕上げます。

ドアパッキンは台所用中性洗剤を歯ブラシに付けて、溝の中の汚れを掻き出しながらキレイにします。

また、ビルトインタイプの冷蔵庫は、裏側がフラットになっており、放熱用の網が貼ってあるのもありますよね。
その網がホコリだらけの場合は、濡れた雑巾を2枚用意して、網を両側から挟んで一気に拭いてしまいましょう。

冷蔵庫の外側は、布に台所用中性洗剤を付けて拭きますが、頑固な汚れは居住用洗剤を使いましょう。

最後に、浸け置きした部品は、スポンジで洗ったあと、シャワーで洗い流し、から拭きして元の場所にセットします。

浸け置き液は、浴室で流してしまえば後始末が楽です。