換気扇掃除の場合は、レンジ台や周りのタイル壁も一気に掃除しましょう。

初めに、シンクにゴミ袋を広げて、その中に浸け置きの洗剤液を作ります。
そこへ、受け皿や五徳、外した換気扇の羽根を浸けます。

次に、レンジフードの内側に付いた油汚れをプラスチックのヘラでこそげ落とします。
そのあと、キッチンペーパーで押さえながら、油汚れ用の洗剤を吹き付けて貼り付けます。 こうすると、浸け置きした羽根を洗っているうちに、汚れが浮き上がりペーパーで拭き取れます。

残った汚れはスポンジで擦って水拭きして、換気扇を元通りに組み立てます。


タイル壁もキッチンペーパーを当て、手で押さえながら油汚れ用洗剤をスプレーすると、洗剤が染み込んでタイルにピタッと貼り付きます。

飛んだ油汚れは、ヘラでこそげ落としても良いですが、使用済みのテレホンガードでも良く落ちますよ。

目地の黒ズミが気になる場合は、専用の目地塗り剤を塗り、仕上げに目地にロウソクを塗ってあげると、油汚れやホコリをガードするコーティング剤になります。

クロスや化粧合板の壁は、洗剤だとシミになりやすいので、水で固く絞った雑巾で拭き、掃除のあとは、布用の撥水スプレーをかけておくと良いです。