全てに共通するお掃除のコツ

お掃除をするとき、片付いた部屋を掃除するのとゴチャッと散らかった部屋を掃除するのとでは かかる時間も労力も変わってきますよね。

勿論掃除をするときは、ある程度片付いた部屋の方が掃除機がけなどもスムーズにできます。

では何故部屋が散らかるかと言うと、それはズバリ「物の置き場所が定まっていない」からです!!

物の置き場が一定の位置に定まっていて、尚且つ「使ったら元の場所に戻す」ことを 心がけていればどんな部屋であってもそんなにゴチャゴチャと散らかることはないのです。

さらに、物の置き場が定まっていることで掃除だけでなく探し物も楽になり、 また整った部屋で生活することで気分も良くなります。

物の置き場が定まっていない部屋は、掃除の度に物の置き場を再設定しなければなりませんから 「これはどこに置こう」「あれはどこにいったかな」と無駄な時間を取られることになってしまうのです。

普段掃除をするときに手間取るのは、総じてキッチンや寝室、リビングなど 「物をどこにでも置くことのできる空間」で、逆に「物を置く場所が限られている」 お手洗いやお風呂場はさっさと掃除を完了してしまえていると思います。

もしも物の置き場を決めていなかった、と言う方は早速置き場を決めてみてください。 きっと毎日のお掃除が楽になりますよ。