光触媒をご説明する上でまずは簡単にご説明いたします。

簡単編

光触媒とは物質が光を浴びることによって起こす化学反応のことを言います。

ただし、自分自身が変化するのではなく化学反応を促進させる効果があるのです。

一般的に光触媒と言われている物質は酸化チタンといいます。

この酸化チタンが太陽光や可視光にあたると化学反応が起きて空気をキレイにしたり、汚れを浮かしたり、細菌を殺す効果もあるんです。

自然界で例えると

光触媒は草や花、木などの植物が持っているクロロフィル(葉緑素)です。植物が光合成を行うのにクロロフィルに光の吸収から多くの電子リレーシステムを使い、酸素を作り出すことです。