コンクリート住宅シロアリは、駆除しないと固い柱などを食べて穴を開けてしまいます。
でも、さすがにコンクリートを通り抜けることは出来ないと思う方が多いでしょう。

しかし、それは大きな思い違いです。
シロアリがコンクリートに穴を開け、通り抜ける事例は多数目撃されています。

コンクリートは、セメントに砂と水を混ぜ、固めて作ります。
この段階で、セメントや砂、水の配分が悪かったり、混ぜ方が充分でなかったりすると、固まった時にもろく崩れやすい部分が出来てしまいます。

このような部分を狙って、シロアリは穴を開けるのです。
そして、餌を求めてどんどん環境の良い場所へ移動して行きます。
ですから、コンクリートで囲われた土間だからと言っても、駆除は必要になってきます。

特に、コンクリートに木材が埋まった構造の部分は要注意です。
コンクリートに直接シロアリの大好物が刺さっている訳ですから、非常に食害に遭いやすいと言えます。