日本で見られる主なシロアリの中に「ヤマトシロアリ」がいます。
この種類は、北海道の一部を除く日本全国で見られます。

一般の住宅に被害を及ぼすのは、ほとんどがこの種類だと言われています。
もちろん駆除は必要ですが、被害はそこまで大きくならないケースが多いです。

もう1種類、多く見られるのが「イエシロアリ」です。
この種類は、千葉県から九州まで、海岸線に沿った地域に生息しています。

ご自宅でこの種類を見付けたら、早急に駆除を行わなければなりません。
甚大な被害を被るケースがほとんどで、その被害は家全体にまで及びます。

この2種類は、駆除の方法が違ってきます。
それぞれに合った方法で駆除しないと、効果を得ることが出来ないのです。

特にイエシロアリの場合は、ただ薬剤をたくさん撒けば駆除出来るという種類ではありません。
巣の場所を特定し、そこに適切な処理をしなければ、被害を食い止めることは出来ないのです。

このような作業は、素人には到底難しいでしょう。
SATでは各シロアリの種類に合った対策を行っています。