最近、基礎断熱工法の家がシロアリの被害を被り、駆除業者に依頼をするケースが増えています。
これはなぜなのでしょうか。

基礎断熱工法で建てられた住宅は、コンクリートの基礎から断熱材で覆われています。
この断熱材を食い破り、シロアリが家屋に侵入してしまうのです。
家屋に侵入した後は、柱などを伝って屋根裏まで到達するケースもあります。

基礎断熱工法の家のシロアリ被害が多数報告されるに従って、ここ数年ではシロアリの侵入を防ぐ基礎断熱工法が開発されました。
ですから、最新の工法で建てられた家は、被害に遭いにくくなっています。

問題なのは、改良される前の基礎断熱工法で建てられた家です。
シロアリが侵入しやすい造りであることが報告されていますから、駆除業者に一度チェックしてもらうことをおすすめします。

放っておくと、被害はどんどん大きくなり、駆除の規模も大きくなります。
以前の基礎断熱工法で作られた家にお住まいの方は、ご注意下さい。