シロアリを発見したら、迷わず駆除しよう!
 あなたのお宅は、シロアリの被害に遭われてはいませんか?

もし見付けたら、早急に駆除することをお考え下さい。

「作業してもうには、費用が掛かる。」
「いつも忙しいので、業者に来てもらって立会う暇がない。」
このようにお考えになっている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、先延ばしにすればする程、被害はどんどん大きくなっていきます。
そうなってから「もっと早く駆除しておけば良かった。」と後悔しても、もう遅いですよね。
被害がまだ小さな内に、思い切って専門の業者に依頼しましょう。

また、ご自宅でシロアリ自体を見掛けたことはなくても、大量の羽が落ちているのを見付けたら要注意です。
シロアリの階級の中には、羽を生やして移動し、新しい巣を作るものがいます。
巣作り担当のシロアリは、移動して新しい場所に落ち着いたら、必要なくなった羽を自ら切り落とすのです。

羽が落ちているのを見付けたら、ご自宅が新しい住みかとして狙われている危険性が非常に高いと言えます。
迷わずすぐに駆除してもらいましょう。

費用は控除の対象になります!

「シロアリ駆除は費用が掛かるから。」と敬遠している方に朗報です。
退治に掛かった費用は、所得から控除されることをご存じでしょうか。

確定申告をする際には、控除出来る項目を所得から引いて計算します。
シロアリ駆除の費用は「雑損控除」という項目に該当します。
雑損控除というのは「所有する資産が自然災害などで被害を受けた際、損失した金額が一定の金額を超える場合に、所得の合計金額から引くことが出来る。」というものです。

ですから、発生し家屋に被害が出た場合、駆除費用と家屋の修繕費用は所得の合計金額から差し引くことが出来るのです。
ただし、これはあくまでもシロアリを「駆除」した場合のみです。
被害を受けないよう「防止」の目的で、業者に作業をしてもらった際の費用は該当しません。

最近では、駆除をする際、同時に予防の対策を施すケースも増えてきました。
このような場合、予防に当たる項目の費用は所得から控除出来ません。
そのため、それぞれの費用の内訳を出し、該当するもののみを所得から控除しなければならないのです。

知識一覧