ネズミは夜行性で、また用心深いため、私達の目に触れる事はなかなかありません。
このため、いち早く彼らの存在を察知し、駆除するためには、ネズミが存在すると思われる兆候を見逃さない事が重要になります。

こうした兆候の事を、ラットサインと呼びます。
フンや食べ残し、壁の汚れと言った形跡を見つける事で、ネズミがいるかいないかが判断でき、効果的な駆除につながります。

ネズミはとても警戒心が強いので、移動経路や生活習慣には必ず一定のパターンがあります。
このため、ラットサインを見つける事で、トラップを仕掛ける場所や、集中的に対策を施すべきポイントを絞り込めます。
特に壁の汚れは、その付近に粘着シートなどを設置する事で彼らの移動を制限できます。
忌避剤をしみ込ませる方法も有効ですね。

ラットサインは、発生しているネズミの種類を特定するのにも役立ちます。
徹底的に駆除するには、種類に合わせた対策が必要になりますので、専門家などの意見も合わせて、しっかりとサインを見極めるようにして下さい。