ひとくちにネズミと言っても、その種類は色々です。

種類が違えば、当然、生態や食べる物も違ってきます。

駆除する際にはまず、相手が何ネズミなのかを知る必要があるのです。

一般に、家やマンションではなく、野外で生活する種類の事を、「野ネズミ」と言います。

昆虫などを主食とし、主に地面に穴を掘って暮らしている種類が多いようです。

こうした野生種が民家に紛れ込んでしまい、駆除が必要になるケースはさほど多くありません。

一方、家の中や下水などに住むのが、「家ネズミ」です。

人間の生活と密着した生態系を持っており、そのため、都会でもあちこちで見かける事ができます。

人間の食べ残しやゴミを食べて生活しているため、繁殖力も旺盛です。

種類はドブ、ハツカ、クマが主です。全て駆除が必要です。

駆除と聞いて多くの人が真っ先に連想するのが、この家ネズミに当てはまるのではないでしょうか。

インターネットで検索しても、駆除の対象とされているのは上記三種類がほとんどです。