ネズミがもたらす被害には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか?
大きく分けて、健康・衛生上の被害、物質的な被害、経済面の被害が挙げられます。

ネズミは、種類によっては下水などに生息している場合もあり、衛生的な生き物ではありません。
接触や噛まれる事により、予期せぬ菌やウィルスに感染する場合があります。
食品庫や食器棚そのものが不衛生になってしまうケースも多く、一刻も早い駆除が必要です。

また、家具や家の柱を齧られる、物質的損害も無視できません。
ひどい時には家具そのものが使い物にならなくなったり、大黒柱を齧られて大掛かりな修繕が必要になったりします。
ネズミの数が増える前に、徹底的な駆除が大切です。

経済面の被害とは、上記のようなトラブルが発生した場合の医療費、修繕費、駆除自体に必要となる費用の事です。
特に、家屋の修繕費は高額になるケースも少なくなく、油断は禁物です。
もしネズミを見つけたら、被害が出る前に駆除をする事が大切なのです。