ゴキブリというのは好きな人がいないほど、身近にいる天敵でもあります。
そこで、もしご自宅にゴキブリが現れたら…

バルサンゴキブリが1匹現れれば、自宅の中でさらにゴキブリがいる可能性は極めて高いのです。
そこで根こそぎゴキブリを退治するために、まず思い浮かべるゴキブリ駆除方法として「バルサン」があるのではないでしょうか。

しかし、ここで理解しておかなければならないのは、バルサンは確かにゴキブリ駆除には効果的ですが、一度行ったところで、一切ゴキブリが出なくなるということはないです。
今、成虫として自宅の中にいるゴキブリを駆除するために、バルサンは非常に力を発揮してくれます。
ところが殻に覆われているゴキブリの卵にはあまり効果がないのです。
つまり、そのゴキブリの卵が孵化すれば、またゴキブリが出てしまうのです。

そのため、バルサンは一度焚けばそれでOKというものではなく、ゴキブリの卵が孵化する可能性を考えて、2週間程度の間隔でバルサンを焚くことが大切であり、それを繰り返すことによって完全にゴキブリ駆除できるのです。

注意事項

もはや、殺虫メーカーの一商品が、ゴキブリ駆除の代表的存在で、代名詞のように使われているのはすごいことではあります。

そんなバルサンを焚く際に絶対に注意すべきこと…それは駆除処理を行う際には、手間がかかることをしっかり把握しておくことです。
まず、バルサンは密閉された空間の中で、屋外に殺虫剤が流れ出ないようにしておくことが大切です。

そして、部屋中に殺虫成分が行き渡るわけですから、部屋の中にある家具などにも殺虫成分が付着することになります。
そのため、バルサンが終わったら、今度は部屋の中にある薬剤をしっかり洗い流すことが大切になります。
まずは大きな家具に関してはしっかりとカバーをした上でバルサンを行うようにします。
そして、バルサンの後は、食器など部屋にあるものをしっかり洗いましょう。

そして、自宅にすでにゴキブリがいることがわかってゴキブリ駆除のためにバルサンを焚いた場合は、数週間後に再びバルサンを焚くことで、本当のゴキブリ駆除になることも理解しておきましょう。

使うタイミング