アリの駆除を行う際には、ア生態や習性を理解し、それを利用する事で、より効果的な駆除が期待できます。

黒アリは、私たち人間にとってとても身近な昆虫です。
大きく分けて、昆虫の死骸などを食べる雑食性と、花や植物を食べる吸蜜性の二つのタイプが存在します。
どちらも女王アリを頂点とする巨大なコロニーを形成し、土や木の中に巣を構えています。

女王アリ以外は働きアリとして、幼虫の世話をしたり、餌を運んできたりしています。
私たちが通常目にするのはこの働きアリの一部で、外で見つけた餌を巣の中まで運ぶ役割を担っています。
このため、家の中でアリの行列を発見したら、すぐにその行列を駆除するのではなく、出所である巣を見つけ、巣ごと駆除するのが最も効果的です。

巣は地中で迷路のように枝分かれし、細かい部屋に分かれています。
薬剤を散布してアリ駆除する場合には、この迷路を通って女王アリの住む部屋まで成分を浸透させる事が重要になります。

このような習性を理解していればきっとうまくいくはずです!