アリと言うと一般にイメージしやすいのが、庭などでよく見かけるクロオオアリ、トビイロケアリなどです。
こうしたアリは、通常は屋外に生息し、食べ物に釣られて家の中に入り込んで害をなします。
発見次第、巣ごと駆除することが重要になります。

一方、近年問題視される事が増えたのが、イエアリ、ヒメイエアリです。
黄褐色や赤褐色の小さなタイプですが、人を噛んで体液を食したり、構造物の内側に巣を作って害をなしたり、電気系統を破壊したりと、深刻な被害をもたらします。
マンションの高層階でも発見される事が多いです。

さらに、有名なのは白アリによる被害ですね。
白アリは、正確にはアリではなく、ゴキブリなどの一種とされています。
木を齧って食べる事で生活しており、古い家屋の柱や構造を破損することで知られています。
放っておくとその家自体に住めなくなりますので、早々に白アリ駆除が必要となります。

国内においてアリ駆除が必要とされる種類は、上記がほとんどです。