地面を歩くアリだけでなく、羽アリに悩まされている人も多くいます。

羽アリは、春から秋にかけて大量に発生する若い雄のアリで、巣から離れて自分の子孫を残すため、羽を使って婚姻飛行を行います。
白アリは春ごろ、黒アリは夏ごろによく発生します。

巣から大量に湧いて出るため、巣の場所によっては家の中や周辺で大量に飛行されてしまい、羽アリ駆除を考える人が多いのです。

確かに、白アリの羽アリであれば、近くに白アリの巣があるわけですから、早急にアリ駆除が必要です。
しかし黒アリであれば、飛行が鬱陶しい、気持ち悪いだけで、実害はあまりありません。
また、羽アリは飛行が終わると羽が落ち、勝手に姿を消しますので、アリ駆除すればかえって片付けが面倒になる場合もあります。

大切なのは、羽アリが大量に発生する=巣が近くにあるという点です。
白アリにせよ黒アリにせよ、巣の場所によってはアリ駆除を考えなくてはなりません。
羽アリが大量に発生する事によって、何か特定の被害が出やすいと言う事はありません。