どんな家でも害虫は忍び寄って来る事がある物です。

梅雨時期の湿気が多く、じめじめしている時は特に危険。掃除したり、換気良くしてないとすぐにダニやゴキブリと言った湿気が好きな害虫がやって来てしまうんです。

気温が温かくなると様々な害虫が活動し始めるのでその前に駆除対策が必要です。

ムカデダニやゴキブリはもちろんですが、下の階のマンションや一軒家に良く出る事があるムカデは刺されてしまうと腫れが激しかったり、子供だと大変な事になってしまいますが、実際に沢山いる事もあるのが事実です。

そんな害虫から守る為に駆除対策は大切だと思います。

ムカデ類ならば、家の周りに駆除の粉を撒いて家に寄せ付けないようにするのが一般的だと思います。家に入る侵入経路を絶ってしまえば家の中は安心出来るでしょう。

ただ、今現在家の中に入ってどこかに隠れてしまっている害虫もいるかもしれません。ムカデ類は殺してしまうとその時の汁の匂いで他の仲間を寄せ付ける恐れがあるので完全に駆除してしまわなければならないのです。

割りばしでつまみ、熱湯を掛けると動きが止まって死んでしまいますので駆除完了になります。害虫は出るのは嫌だし、出来れば扱いたくないと思うかもしれませんが、入ってる物は駆除しなければ仕方ないのです。